お風呂でできる手軽な美容法

毎日入るお風呂で手軽にキレイになれたら嬉しいですよね。
私が今まで実際にやってみて効果のあったお風呂での美容法をご紹介します。
まず簡単ですが大切な事は、夏でもシャワーで済ませずにキチンと湯船に入る事です。
疲れていたり暑い時期はついついシャワーで済ませてしまいそうですが、湯船につかるだけで血行が良くなり新陳代謝が促進されてお肌や体に良いことばかりです。
また疲れも取れやすくなるので美容の為にも健康の為にも湯船にはつかるようにしましょう。
お風呂に入る前にはコップ一杯の水分を摂りましょう。汗が出やすくなってより効果的です。
また入浴剤を使うのも効果的です。
バスソルトやバスボムなどを入れてもいいですし、風呂釜などが気になる場合には好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴湯船に入れても良い香りでリラックスできます。
私の場合湯船にゆっくりと入った夜は、翌朝の顔がすっきりしていてむくみなどがなく、肌色が明るくなるので血行が良くなったことを感じます。
もし余裕があればお風呂の中でリンパマッサージなどを行ってみるのも良いです。
手で行ってもよいですし、顔や全身に使える美容ローラーなどを使っても効果があります。
むくみがとれて手軽に細くなる実感があるのでよかったら試してみてください。
また体を洗ったあとにボディスクラブなどをつかって全身をマッサージすると、余分な角質もとれてさらにすっきりするのでおススメです。
お風呂から出たあとには潤いをたっぷり補給するボディーローションをつければ全身がすべすべになります。
洗顔や髪を洗う前にも湯船にしっかりつかることで、毛穴が開き顔の小鼻や頭皮の汚れを取れやすくすることができるので湯船につかることはとても大切です。
ぜひ皆さんもお風呂で手軽にできる美容法を楽しんでみてください。
お風呂でできる手軽な美容法

除毛クリーム使ってみました!

ムダ毛処理において、いろいろな方々を試してみましたが、なかでもお手軽でキレイになった方々が除毛クリームを使用する方法でした。
ドラッグストアなどでいくつかの種類が並んでいますが、水に濡れても大丈夫でシャワー中に使用できるタイプを使ってみました。
付属のスポンジの目の細かい方を使用して除毛したい部分にしっかりと塗っていきます。
場所としては手足やついでに指にも塗ってみました。
使用したのはシャワーに濡れても大丈夫なタイプだったのですが、1分はおくように書かれています。
1分経過後は髪や顔を洗うなどして6〜7分おきました。その後は付属のスポンジの粗い面でこすりながら洗い流すという流れでした。
このスポンジの粗い面でこすり流す時にしっかりムダ毛を絡めながら除毛していくイメージで、しっかりゴシゴシと小さな円を描くように絡め取るとうまくいきました。
除毛クリームには潤い成分も含まれていたので洗い上がりからツルツルスベスベなめらかな肌触りになり、スカートやパンツの布が脚に触れる度に吸い付くような感触で産毛や細い毛や短い毛まで徹底的に除毛されたんだと効果を実感しました。
毛抜きで抜いた時のように途中で切れることや、毛穴がプツプツ赤くなったりもなくとてもキレイに仕上がりました。
ただ、頭が出ていない短かすぎるムダ毛は絡め取るのが難しいのか、難しかったです。
少し伸ばしてから、定期的にまとめて使用できると効果的なのではないでしょうか。
価格も1,000円もせず、何度も使用できる量が入っているのでさほど高くも感じませんでした。除毛クリーム使ってみました!

脱毛する前の準備!

脱毛する前の準備!
脱毛をする前に何を準備していけばいいんだろう?と考える人はいると思います。
脱毛を問題なく受けたいのなら「準備」をしていきましょう。その準備というのが二つあるのです。
絶対にやらないといけないのが「脱毛を受けられる準備」です。
一つ目にするべきなのが「日焼けをしない」という準備なのです。
実は脱毛を受ける人は日焼けをしてはいけません。
なぜなら脱毛で使う機械が日焼けに対応していないからなのです。
今良く使われる光脱毛とレーザー脱毛は日焼けした肌に脱毛を施すことができません。
それをしたら肌が火傷してしまうこともあってすごく危険なのです。
だから日焼けした人は脱毛が受けられなくなります。
このため脱毛する前の準備の一つ目には日焼けをしないようにお肌を紫外線からガードすることが大切です。
またもう一つの準備も重要で、脱毛を受けるためにムダ毛の処理をしていきましょう。
毛根へ脱毛処理を加える脱毛をするために必ずしないといけないのが脱毛前に自宅でムダ毛の処理をしていくということなのです。
これができていないとこれまた肌に火傷を負ってしまう可能性が高くて、脱毛を拒否されてしまいます。
だからムダ毛の処理は必ず丁寧に丁寧に自宅でやっておいてください。もし脱毛サロンでこのムダ毛の処理をやるとなるとシェーバーを買う必要があって、この料金が脱毛の料金に追加されてしまいます。
それが嫌なら必ず自宅でムダ毛の処理をして準備を整えてから脱毛サロンへ行くようにしましょう。

まずは一度脱毛サロンでカウンセリングを行い、詳しい話をのスタッフの方に聞いてみるといいと思います。

ちなみに私は次のサイトで姫路周辺の脱毛サロンを吟味しました。
姫路の脱毛サロン口コミ情報

自分にあった脱毛サロン選びに是非参考にしてみてください♪

色素沈着の危険がある

オロナインはカミソリ負けみたいな細かい傷に効果があり、手先を怪我した時、霜焼け、あかぎれに使用ったりします。
液状タイプ、軟膏タイプがあって、比較的安く、顔など目立って早く治したいところのカミソリ負けにいいでしょう。
肌を綺麗にしたくてムダ毛処理するのにカミソリ負けで肌がボロついては意味がないです。
剃ってて気軽に自己処理したいけどカミソリ負けしたくないという方は注意しましょう。
自分で見えないパーツの実ケアが適当になるのが大事ですが、露出の多い恰好のとき以外に見えやすいです。
ケアしないでそのままにすればだんだん黒ずんでいくパーツです。
肘の黒ずみの原因は重し、刺激・摩擦・圧力で、たった1回の刺激の力がくわわっただけで肘はきれいなままでしょうが、いつも摩擦や圧力が加わって皮膚が厚く名て、角質化します。
赤ちゃんおときふわふわしたはだでも、力がくわわりやすい体のところは皮膚が角質により厚くなります。
力がかかるところを守る働きでできる角質は肌のターンオーバーで元もきれいに戻るのが普通ですが、肘、膝は皮脂が出る腺が少なくなり、汗があまり出ないで脂っぽくなることもないです。
その分乾燥しがちでターンオーバーもしづらいです。正常なターンオーバーしにくければ角質は肘に残って角質になった所に刺激が加わって、色素沈着になり、黒住はメラニンによるもので、刺激があれば肌に出ます。
肌を守るための働きが、そのまま黒ずみなるのは困るでしょう。
色素沈着の危険がある